ワシントンD.C.公共図書館、中央館“マーティン・ルーザー・キング Jr. メモリアル図書館”の改装にむけて提案書提出要綱を公表

ワシントンD.C.公共図書館が、その中央館であるMartin Luther King Jr. Memorial Libraryの改築に関する提案書提出要項をウェブに掲載しています。提案書の提出期限は2013年9月23日となっています。Washington Business Journalに掲載された記事によれば、現在の建物の外観を損なわずに、図書館が多目的の要素を提供できるような提案が求められているようです。

なお、同館の改築プロジェクトのうち、1階部分のデジタルコモンズの設置については、2013年7月に既に完了しています。

DCPL-2013-RFQ/REQUEST FOR QUALIFICATIONS-0004(DCPL, 2013/8/21付け)
http://www.dclibrary.org/node/37023
※Solicitation:DISTRICT OF COLUMBIA PUBLIC LIBRARY REQUEST FOR QUALIFICATIONS: ARCHITECTURAL SERVICES NEW MARTIN LUTHER KING JR. MEMORIAL LIBRARY
※Attachment B:マーティン・ルーザー・キングJr.メモリアル図書館の設計ガイドライン
※Attachment C: これまでの経緯や改築のコンセプトなどを説明した資料。

Construction Updates
http://www.dclibrary.org/news/constructionupdates

Help wanted: Architect to design 'new' main D.C. library, mixed-use combo(Washington Business Journal, 2013/8/21付け)
http://www.bizjournals.com/washington/breaking_ground/2013/08/the-future-of-districts-main-library.html?page=all

参考;
ワシントンD.C.公共図書館がデジタルコモンズを開設、3Dプリンターやエスプレッソ・ブック・マシーンなどを完備 Posted 2013年7月18日
http://current.ndl.go.jp/node/23954

ワシントンD.C.公共図書館、新中央館建設は白紙に、開館時間も大幅減の危機に Posted 2008年7月31日
http://current.ndl.go.jp/node/8433