南カリフォルニア大学図書館が米国デジタル公共図書館(DPLA)のコンテンツ・ハブに

南カリフォルニア大学図書館が、米国デジタル公共図書館(DPLA)のコンテンツ・ハブとなったのことです。DPLAが2013年8月22日付けのニュースとして公表しています。既に南カリフォルニア大学図書館のデジタルコンテンツは、DPLAより利用できるようになっているようです。

DPLAのコンテンツ・ハブとなるには、25万件以上のメタデータを保有することなどが条件となっており、現時点では、南カリフォルニア大学のほか、以下がコンテンツ・ハブとなっています。
ARTstor、Biodiversity Heritage Library
David Rumsey Map Collection
The Harvard Library
HathiTrust Digital Library
National Archives and Records Administration
New York Public Library
The Smithsonian Institution
The University of Illinois at Urbana-Champaign
The University of Virginia

University of Southern California Libraries Join Digital Public Library of America as a Content Hub(DPLA, 2013/8/22付)
http://dp.la/info/2013/08/22/usc-contenthub-announcement/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

現在のDPLAのContent Hubのリスト
http://dp.la/info/about/hubs/

DPLAのContent Hubとなるための要件
http://dp.la/info/get-involved/partnerships/

DPLA上の南カリフォルニア大学のコンテンツ
http://dp.la/search?partner[]=University+of+Southern+California.+Libraries&provider[]=University+of+Southern+California.+Libraries&q=southern+california

参考:
E1429 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)が公開される カレントアウェアネス-E No.237 2013.05.23
http://current.ndl.go.jp/e1429