“Google歴史アーカイブ”、広島と長崎の原爆資料を展示公開

2013年8月19日、Googleは、広島平和記念資料館と長崎原爆資料館と協力し、両館が所蔵する原爆に関する資料を「Google 歴史アーカイブ」で公開しました。

Google歴史アーカイブは、20世紀の歴史的瞬間を物語る写真や文書、動画などの様々な資料を所蔵する資料館とGoogleが協力し、時間や国境に関係なく世界中の利用者が、これらの重要な史料にアクセスできるようにするプロジェクトとのことです。今回、広島平和記念資料館、長崎原爆資料館の展示が加わり、日本の歴史的資料が初めて「Google 歴史アーカイブ」で利用できるようになったとのことです。

Google 歴史アーカイブ
http://www.google.com/culturalinstitute/home?hl=ja

原爆の歴史を語り継ぐ―Google歴史アーカイブ本日公開(Google Japan 2013/8/19付けの記事)
http://googlejapan.blogspot.jp/2013/08/google_19.html

参考:
Google Earthを活用して広島原爆の実態を伝えるデジタルアーカイブ“Hiroshima Archive”が公開
http://current.ndl.go.jp/node/18663

長崎の被爆実態をデジタルアーカイブ化して提供する“Nagasaki Archive”が公開
http://current.ndl.go.jp/node/16590

沖縄戦の実相を世界に伝える「沖縄平和学習アーカイブ」プレビュー版が公開
http://current.ndl.go.jp/node/21152

CA1768 - 多元的デジタルアーカイブズのVR-ARインターフェイスデザイン手法 / 渡邉英徳
http://current.ndl.go.jp/ca1768