カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

子どもの絵本と教育についてパパ・ママ1,000人に聞きました(資料紹介)

2013年7月12日、メディケア生命保険株式会社は、6月8日から12日にかけて携帯電話によるインターネットリサーチにより実施した「子どもの絵本と教育に関する調査」の結果を公表しました。調査では、小学生3年生以下の子どもを持つ男女1,000名の有効サンプルを集計しています。

主な結果として、以下が挙げられています。
・子どもの頃に絵本を読み聞かせてもらったパパ・ママは半数強 20代が6割強で突出
・「週に1日以上」絵本を読み聞かせ パパ39%、ママ56%
・未就学児への絵本の読み聞かせ 『週に1日以上』は半数以上
・絵本の読み聞かせ 親子代々で引き継がれていく傾向あり?

この他、デジタル絵本を使用したいと思うかどうかを尋ねたところ、「非常に利用したいと思う」と「やや利用したいと思う」の回答は30.6%で、年代別にみると若い親になるほど、利用したいと思うという回答の割合が高くなったとする調査結果等が紹介されています。

子どもの絵本と教育に関する調査(PDF)(メディケア生命 2013/7/12付けのプレスリリース)
http://www.medicarelife.com/news/pdf/N256/file1.pdf

絵本アプリ、利用したいと考える保護者は3割に留まる (リセマム 2013/7/22付けの記事)
http://resemom.jp/article/2013/07/22/14478.html