カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Googleブックス訴訟、原告側のクラスアクション(集合代表訴訟)を認めた判断を控訴審が覆す まずフェアユース面での議論を

2013年7月1日のロイター等の記事で、Googleブックス訴訟に関して地方裁判所が下した原告側のクラスアクション(集合代表訴訟)を認める判断について、Google側の異議申し立てを受けて行われた控訴審の結果が報じられています。控訴審ではクラスアクションを認める前に、まずフェアユース面での議論を、との判断が下されたとのことです。

Google Book Search裁判、控訴審が結論「クラスアクション訴訟として認定する前にまずフェアユース面での議論を」(ITmedia eBook USER、2013/7/2付け)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1307/02/news071.html

Authors lose class status in Google digital books case(Reuters、2013/7/1付け)
http://www.reuters.com/article/2013/07/01/us-google-books-idUSBRE9600MX20130701

Appeals Court Tosses Out Class Action Status in Google Books Lawsuit(The Digital Reader、2013/7/1付け)
http://www.the-digital-reader.com/2013/07/01/appeals-court-tosses-out-class-action-status-in-google-books-lawsuit/

参考:
Googleブックス訴訟、原告側のクラスアクション(集合代表訴訟)を認める判断が示される
http://current.ndl.go.jp/node/21006

Googleブックス訴訟、原告側のクラスアクション(集合代表訴訟)を認めた判断に対してGoogleが異議申し立て
http://current.ndl.go.jp/node/22302

CA1702 - 動向レビュー:Google Book Searchクラスアクション(集合代表訴訟)和解の動向とわが国の著作権制度の課題 / 鳥澤孝之
http://current.ndl.go.jp/ca1702

E1162 - Googleブックス訴訟,米国連邦地裁は修正和解案を認めず
http://current.ndl.go.jp/e1162