カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

総務省、統計センターの「次世代統計利用システム」上で、統計データにおけるAPI機能の試行運用を開始

2013年6月10日から、総務省は、独立行政法人統計センターが運用する「次世代統計利用システム」上で、統計データにおけるAPI機能の試行運用を開始しました。今回の試行運用で利用可能な統計データは、国勢調査、労働力調査、消費者物価指数、家計調査など総務省統計局所管統計の約32,000表のデータとなっています。

総務省としては、今回の試行運用の結果を踏まえ、2014年度(平成26年度)中にe-Statに同機能を整備し、各府省の統計データの利用が可能となる本格運用を目指すとしています。

次世代統計利用システム(API機能)の試行運用を開始しました。 (次世代統計利用システム 2013/6/10付けの記事)
http://statdb.nstac.go.jp/info/start/

統計データにおけるAPI機能の試行運用開始 (総務省 2013/6/7付けの記事)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei01_02000025.html

参考:
総務省が統計におけるオープンデータの高度化に向けた取組み内容を発表
http://current.ndl.go.jp/node/23600