カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

『新聞研究』(2013年5月号、No.742)で特集「東日本大震災と報道─アーカイブズの活用と課題」が掲載

日本新聞協会が発行している月刊誌『新聞研究』(2013年5月号, No.742)で、「東日本大震災と報道──アーカイブズの活用と課題」という特集が組まれており、以下の4つの論文が掲載されています。

・「成長するアーカイブ」を目指して──河北新報震災アーカイブの試み
八浪英明(河北)

・「次」に備えるために──東日本大震災NHKアーカイブスの取り組み
宮本聖二(NHK)

・震災の記録・教訓をどう活用するか──産学官民連携、みちのく震録伝の活動
柴山明寛(東北大)

・震災・災害時情報源としてのマスメディアの役割──「311情報学」の試みから
三浦伸也(東大)

『新聞研究』目次 2013年5月号 目次(No.742) (日本新聞協会)
http://www.pressnet.or.jp/publication/kenkyu/130430_2756.html