カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

オバマ大統領、政府情報のオープンデータ化に関する大統領令を発令

2013年5月9日、米国オバマ大統領は政府情報のオープンデータ化を義務付ける大統領令(”Executive Order - Making Open and Machine Readable the New Default for Government Information”)を発令しました。併せて、オープンデータに関する新たな方針(Open Data Policy)も発表されています。

この大統領令は、新たに米国政府機関が作成するデータは基本的にオープンかつコンピュータ等で扱いやすい形式とすることを命じるものです。政府機関には、個人のプライバシーや機密情報、国家の安全保障に関わる情報の保護に配慮しつつ、新たに作成するデータはできるだけ発見・アクセスしやすく、再利用しやすい形で公開すること等が義務付けられることになります。

Executive Order -- Making Open and Machine Readable the New Default for Government Information(大統領令、2013/5/9付け)
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2013/05/09/executive-order-making-open-and-machine-readable-new-default-government-

Open Data Policy-Managing Information as an Asset(オープンデータ方針を定めた覚書、2013/5/9付け)
http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/omb/memoranda/2013/m-13-13.pdf

Landmark Steps to Liberate Open Data(The White House Blog、2013/5/9付け)
http://www.whitehouse.gov/blog/2013/05/09/landmark-steps-liberate-open-data

White House Continues Push to Open Access to Publicly Funded Research and Data(Open Access Now、2013/5/9付け)
http://oanow.org/2013/05/white-house-continues-push-to-open-access-to-publicly-funded-research-and-data/