“Current Awareness Portal”本格運用を開始!

国立国会図書館は、「図書館に関する調査・研究」に代わる新ウェブサイトとして、2006年3月28日から当“Current Awareness Portal”を試験公開してまいりました。試験公開を開始して以来、皆様からたくさんのアクセス、ご意見を頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございました。(試験公開…

“Current Awareness Portal”本格運用を開始します!

 

国立国会図書館は、「図書館に関する調査・研究」に代わる新ウェブサイトとして、2006年3月28日から当“Current Awareness Portal”を試験公開してまいりました。

試験公開を開始して以来、皆様からたくさんのアクセス、ご意見を頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございました。
(試験公開の評価はこちらでご覧いただけます。)

これまでの試験公開の成果をふまえ、国立国会図書館は2006年6月20日から“Current Awareness Portal”を本格運用することといたしました。第一弾として、試行に引き続き以下のコンテンツを提供してまいります。

 

○国立国会図書館が刊行する、図書館情報学関係刊行物のウェブ版

 

○随時紹介する最新の図書館ニュース

 

○図書館情報学に役立つ情報源のリンク集

  • 各国の図書館・関係機関・関係団体や図書館ニュースのウェブサイト、またそのサイトが提供しているRSS形式のニュースへのリンク集「カレントアウェアネス-Links」

 

このほか、編集事務局が注目する文献リストや用語集などの提供も検討していきます。

これからも、お役に立てる情報を「より速く」「より多く」そして「よりわかりやすく」提供していきたいと考えております。

今後とも是非、“Current Awareness Portal”をご活用ください!

 

なお、6月20日をもって「図書館に関する調査・研究」のページの更新は停止させていただきます。
(引き続き、ご覧いただくことはできます。こちらへどうぞ)

 

ご意見、ご指摘などありましたら、下記までお寄せいただければ幸いです。

国立国会図書館関西館 事業部図書館協力課 調査情報係
chojo@ndl.go.jp(@は半角に直してください)