米国議会図書館、将来にわたり保存すべき録音資料として2012年はピンク・フロイド『狂気』など25作品を追加

米国議会図書館(LC)が、将来にわたって保存すべき米国の録音資料を登録している“National Recording Registry”に新たに加わった25作品を発表しました。今回追加された作品には、マリオン・ハリス『君去りしのち(After You've Gone)』(1918年)にはじまり、ジミー・デイヴィスの『ユー・アー・マイ・サンシャイン』(1940年)、サイモン&ガーファンクル『サウンド・オブ・サイレンス』(1966年)、チャビー・チェッカー『ザ・ツイスト』(1960年)、ピンク・フロイド『狂気(The Dark Side of the Moon)』(1973年)、ラモーンズ『ラモーンズ』(1976年)などが含まれています。これにより、登録作品数は375となっています。

New National Recording Registry Entries(Library of Congress 2013/3/21付けプレスリリース)
http://www.loc.gov/today/pr/2013/13-044.html

The National Recording Registry 2012
http://www.loc.gov/rr/record/nrpb/registry/nrpb-2012reg.html

National Recording Preservation Board
http://www.loc.gov/rr/record/nrpb/nrpb-home.html

ピンク・フロイド『狂気』と『サタデー・ナイト・フィーバー』サントラ、アメリカ議会図書館の保存資料に決定(BARKSニュース 2013/3/25付け記事)
http://www.barks.jp/news/?id=1000088658

参考:
米国議会図書館、全米の録音資料の保存計画“The Library of Congress National Recording Preservation Plan”を発表
http://current.ndl.go.jp/node/22893

米国議会図書館、保存すべき録音資料のリストにR.E.M.の楽曲など25点を追加し合計300作品に
http://current.ndl.go.jp/node/16412

2007年版保存すべき録音資料25点(LC)
http://current.ndl.go.jp/node/7842