カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

オランダ王立図書館は著作権保護期間内の雑誌をデジタル化して公開するのにオプトアウト方式を選択(記事紹介)

2013年2月にオランダ王立図書館(KB)が、1850年から1940年に発行された80タイトルの雑誌をデジタル化し、オンラインで公開しました。その著作権処理について、Joris Pekel氏がOpenGLAMのブログで紹介しています。

それによると、デジタル化対象の記事のなかには著作権が切れていないものもあったそうです。しかし、著者や遺族をすべて探し出して著作権処理を行うには5年もの時間と多額の費用(それを使えば更なるデジタル化が行える)が必要になると試算されました。そこでKBは、オプトアウト方式を選び、著者や遺族に対して公開に問題があった場合は連絡してほしいと求めることにしたそうです。

Dutch National Library gives full access to in copyright material(OpenGLAM 2013/3/11付け記事)
http://openglam.org/2013/03/11/dutch-national-library-gives-full-access-to-in-copyright-material/

Tijdschriften 1850 - 1940
http://tijdschriften.kb.nl/

参考:
オランダ王立図書館、1850年から1940年までの雑誌80誌をデジタル化公開
http://current.ndl.go.jp/node/22914