富山大学附属図書館、「ろくろ首」を含む小泉八雲の草稿をデジタル化公開

2013年2月15日、富山大学附属図書館が、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の手書き原稿(草稿)をデジタル化公開したと発表しました。

デジタル化公開された資料は、封筒1枚と原稿10枚で、この中には「ろくろ首」の手書き原稿の断片や、夢を食べる動物とされる漠のことを書いた断片(『骨董』所収の「夢を食うもの」とは異なるとのこと)、『怪談』所収の「おしどり」の冒頭部分等があるとのことです。

なお、この手書き原稿は同大学が所蔵している蔵書「ヘルン文庫」に含まれていたものではない、とのことで、同館は内容が不明の部分もあるので、識者の協力を求めています。

(Semi).Illustrations. I.Haru-zemi. II.Shinne-Shinne. III.Aburazemi. IV.Higirashi. V.Miminzemi. VI.Tsuku-tsuku-boshi. VII.Mugikari-zemi. VIII.Tsurigane-semi. XI.The phantom.[封筒の表紙書き,中身の内容は別]
http://hdl.handle.net/10110/10799

「ろくろ首」を含む小泉八雲の手書き原稿(草稿)をデジタル化公開 (Let's enjoy Library Life! 2013/2/15付けの記事)
http://u-toyamalib.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html