カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国図書館協会、公共図書館の電子書籍導入に際して契約内容を評価するためのスコアカードを公表

米国図書館協会(ALA)のデジタルコンテンツ&図書館ワーキンググループ(DCWG)が、2013年1月25日付けで、“E-Book Business Models: a scorecard for public libraries”を公表しました。これは、公共図書館において電子書籍を導入するに当たり、出版社との契約内容に関して評価を行うために用いるスコアカードです。以下の15項目について5段階で評価するようになっています。

(1)Replicating the Print Model
(2)Inclusion of all titles
(3)Right to transfer content to a different delivery platform
(4)Right to lend content indefinitely
(5)Accessibility for people with disabilities
(6)Integration
(7)Single user
(8)Limited number of loans
(9)Variable pricing
(10)Delayed sales with discoun
(11)Premium for immediate access to delayed titles
(12)In-Library check-out
(13)Restrictions on consortia or interlibrary loans
(14)Enhanced discovery
(15)Sales channel

E-Book Business Models: a scorecard for public libraries(PDF:8ページ)
http://www.districtdispatch.org/wp-content/uploads/2013/01/Ebook_Scorecard.pdf

Public Libraries: ALA Releases “E-Book Business Model Scorecard”(INFOdocket 2013/1/25付け記事)
http://www.infodocket.com/2013/01/25/public-libraries-ala-releases-e-book-business-model-scorecard/

参考:
米国図書館協会(ALA)、公共図書館のための電子書籍ビジネスモデルをテーマとしたレポートを公表
http://current.ndl.go.jp/node/21613