人文・社会科学系オープンアクセス誌“SAGE Open”が投稿料を99ドルに値下げ

SAGE社が、人文・社会科学分野の査読付きオープンアクセス誌“SAGE Open”の論文加工料(Article Processing Charge:APC)を99ドルへと値下げすることを発表しました。値引き前は395ドルだったそうです。発表では、SAGE Openに論文を受理された著者の70%がAPCを自費で負担しているという調査結果を引用しつつ、今回の値下げの目的は、研究助成が潤沢ではない人文・社会科学分野の研究者が質の高いオープンアクセス誌への投稿を行いやすくすることだと述べています。2011年5月に誕生したSAGE Openは、これまでに1,400本の投稿を受け付け、160本の論文を出版してきています。プレスリリースとは別に、同社副社長のBob Howard氏が値下げの理由やその影響などに答えるインタビューも掲載されています。

SAGE makes Open Access more accessible to social science and humanities scholars SAGE Open author publication fee discounted to $99 per article(SAGE 2013/1/24付けプレスリリース)
http://www.uk.sagepub.com/aboutus/press/2013/jan/24_jan.htm

SAGE makes Open Access more accessible to social science and humanities scholars(SAGE Connection 2013/1/23付け記事)
http://sageconnection.wordpress.com/2013/01/23/sage-makes-open-access-more-accessible-to-social-science-and-humanities-scholars/

SAGE Open author publication fee discounted to $99 per article(No Shelf Required 2013/1/24付け記事)
http://www.libraries.wright.edu/noshelfrequired/2013/01/24/sage-open-author-publication-fee-discounted-to-99-per-article/

参考:
E1038 - オープンアクセスによる人文・社会科学の単行書出版の現状は?
http://current.ndl.go.jp/e1038

E1372 - 人文・社会科学系研究者のオープンアクセスに対する意識とは
http://current.ndl.go.jp/e1372

E1352 - 米国歴史学協会によるゴールドOAに対する憂慮とその反響
http://current.ndl.go.jp/e1352

PLOSをモデルとした人文・社会科学系オープンアクセスプロジェクト“PLOHSS”(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/22723

人文・社会科学系のオープンアクセスメガジャーナルを目指して “Open Library of Humanities”が正式発足
http://current.ndl.go.jp/node/22757

カナダ・サイモンフレーザー大学、構成員に対してオープンアクセス誌“SAGE Open”への投稿料を援助
http://current.ndl.go.jp/node/20885

SAGE社、オープンアクセス出版“SAGE Open”を2011年春に開始へ
http://current.ndl.go.jp/node/17150