英JISC CollectionsがOpen Access Keyと協力し、APCの支払管理における役割を検証するプロジェクトを開始へ

英国のJISC Collectionsが、2013年4月2日より、オープンアクセス誌の論文加工料(APC)の管理における自身の役割を検証するための12か月間のパイロットプロジェクト“JISC APC”を開始すると発表しました。APCのオンライン決済等のサービスを行っているOpen Access Key社が協力を行います。JISC Collectionsは、国内の研究機関や出版社に対してAPCの支払管理・処理サービスを提供し、各機関における管理コストの削減を目指していきます。

Jisc Collections and Open Access Key to collaborate on UK Gold OA article payments pilot(JISC 2013/1/23付けニュース)
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2013/01/jisc-apc.aspx

JISC Collections collaboration with OAK(Open Access Key 2013/1/23付けニュース)
http://www.openaccesskey.com/article/OAKNews_JISC_APC/

Open Access Key
http://www.openaccesskey.com/

参考:
E1381 - 効率的なAPCの管理のために“仲介者”の果たしうる役割は?
http://current.ndl.go.jp/e1381

E1341 - オープンアクセスの未来に大学図書館の役割として残るものは
http://current.ndl.go.jp/e1341

E1241 - ハイブリッドOAを巡る高等教育機関・出版社・助成機関の問題
http://current.ndl.go.jp/e1241