カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

『情報管理』、「ビッグデータの潮流とデータエコシステム」を掲載- ビッグデータの有用性を動画を交えて解説(記事紹介)

「情報管理」の2013年1月号(vol.55, no.10)において、東京大学生産技術研究所の喜連川優氏による「ビッグデータの潮流とデータエコシステム」と題する論文が掲載されています。論文は、ビッグデータの本質について考察しつつ、特にITメディアを取り上げて、ビッグデータの有用性について動画を用いて具体的に紹介する内容となっています。

動画には、「震災時におけるTwitter上での情報伝播の可視化」、「Twitter とブログに記された震災時の人々の行為・感情の分析」、「災害時における人々の行動・興味に関する時系列推移の3次元可視化・探索」が紹介されています。動画は、いずれもHTML版で見れるようになっています。

喜連川優「ビッグデータの潮流とデータエコシステム」(情報管理 2013/1/1付け)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/55/10/55_705/_article/-char/ja/

参考:
科学技術振興機構、『情報管理』2012年12月号からHTML版も提供開始
Posted 2012年12月4日