はしがき



はしがき




 国立国会図書館では、図書館協力事業の柱として、国内外の図書館員を対象とする各種の研修を実施しています。図書館及び図書館員を取り巻く状況の急速な変化により、これらの研修の内容や方法についての要望も多様化する傾向にあります。当館は、そうしたニーズに対応した研修のあり方を明確にし、なお一層の事業の充実を図る必要があります。


 その一助とすべく、まず平成15年度に「図書館職員を対象とする研修の海外の状況調査」を実施し、「図書館調査研究リポート」No.3として平成16年7月に刊行いたしました。引き続き平成16年度には、「図書館職員を対象とする研修の国内状況調査」を実施いたしました。本リポートは、この平成16年度調査の成果を取りまとめたものです。


 調査は株式会社シィー・ディー・アイに委託しましたが、実施にあたっては、柴田正美帝塚山大学心理福祉学部教授を主査とした以下のメンバーによる研究会が担当しました。




主査:


柴田 正美(帝塚山大学心理福祉学部教授、第章担当)


委員:


岩崎 れい(京都ノートルダム女子大学人間文化学部助教授、第章担当)


松井 純子(大阪芸術大学芸術学部助教授、第章担当)


枝元 益祐(京都外国語大学外国語学部専任講師、第章担当)


(以上敬称略)




 末筆ながら、本調査をご担当いただいた委員各位、ヒアリング調査にご協力いただいた関係機関の皆様に、厚くお礼申し上げます。


 国立国会図書館では今後も図書館及び図書館情報学分野の調査研究を実施し、本シリーズにて公表し成果を広く共有したい所存です。引き続きご支援、ご協力をお願いいたします。






平成17年8月


関西館事業部図書館協力課長
豊田 透