英キングス・カレッジ・ロンドンの研究グループが、デジタルリソースの与える影響調査法についての研究レポートを刊行

英国のキングス・カレッジ・ロンドンのKing's Digital Consultancy Serviceが、“Measuring the Impact of Digital Resources: The Balanced Value Impact Model”(2012年10月付け)というレポートを刊行しました。これは、“Balanced Value Impact Modelとして、デジタルリソースの影響力調査とその活用モデルを提供するもののようです。レポートは、特に文化機関、研究コミュニティ、クリエイティブ産業に対して役立つものとされています。

Mesuring the Impact of Digital Resources: The Balanced Value Impact Model (PDF)
http://www.kdcs.kcl.ac.uk/fileadmin/documents/pubs/BalancedValueImpactModel_SimonTanner_October2012.pdf

Bakanced Value Impact Model (KDCS)
http://www.kdcs.kcl.ac.uk/innovation/impact.html