はしがき


はしがき


 インターネットの普及等情報通信技術の発展により、国内外を問わず図書館を取り巻く状況は激変しています。そのような状況に的確に対応するためには図書館員のスキルアップが急務となっており、図書館員の研修へのニーズが近年とみに高まっています。

 国立国会図書館では、平成14年度以降、図書館協力事業の柱として、国内外の図書館員を対象とする研修を実施しています。研修は、当館の特色ある資料群、各種業務において蓄積された知識・技術等に基づいて実施してきましたが、更なる研修事業の充実を図る一助として、平成15年度に図書館員に対する研修の海外の状況を調査いたしました。

 調査は国際図書館連盟(IFLA)、アメリカ図書館協会(ALA)、ALA認定の図書館学校における図書館員研修について文献等により行いました。北米に限定した調査ではありますが、海外における現職の図書館員研修の基礎情報を収集することが出来ました。本報告書は、その成果をまとめ、「図書館調査研究リポート」として刊行するものです。

 調査は、株式会社シー・ディー・アイに委託しましたが、実施にあたっては、川崎良孝京都大学大学院教育学研究科教授を主査とした以下のメンバーによる研究会が担当しました。


  主査:川崎 良孝(京都大学大学院教育学研究科教授 第1部担当)

  委員:吉田 右子(筑波大学図書館情報学系助教授  第2部担当)

  委員:高鍬 裕樹(大阪教育大学講師        第3部担当)(以上敬称略)


 調査にご協力いただいた委員各位に改めて御礼申し上げます。

 なお、研修に関する調査は平成16年度も引き続き行う予定です。本報告書に対する関係各位の率直なご意見とともに、今後の調査についてのご支援、ご協力をお願いいたします。


 平成16年7月


関西館事業部図書館協力課長


児玉 史子