カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国出版社協会(AAP)とGoogleが図書館資料デジタル化プロジェクトに係る著作権侵害訴訟で和解

2012年10月4日、米国出版社協会(AAP)は、Googleによる図書館資料デジタル化プロジェクト“Google Library Project”が著作権侵害であるとしてAAPが訴えていた問題について、Googleとの間で和解が成立したと発表しました。和解内容によると、Googleは引き続き図書館資料のデジタル化を実施できるものの、米国の出版社は希望すればデジタル化された図書をGoogle Library Projectから削除することができることになったとのことです。なお、GoogleはAuthors Guildによる著作権侵害訴訟が継続中です。

PUBLISHERS AND GOOGLE REACH SETTLEMENT (Association of American Publishers 2012/10/4付けの記事)
http://www.publishers.org/press/85/

Google, Assocaition of American Publishers Settle Book-Scanning Dispute After 7 Years Of Litigation (Huffington Post 2012/10/4付けの記事)
http://www.huffingtonpost.com/2012/10/04/google-association-of-american-publishers_n_1939135.html?utm_hp_ref=technology

Google Settles Copyright Case With Publishers (Wall Street Journal 2012/10/4付けの記事)
http://online.wsj.com/article/SB10000872396390443635404578036300872587248.html