ロンドンの女性図書館がLSEで存続決定 2013年に一般公開

予算削減の影響で維持が困難になったとしてその蔵書等の引き取り先を検討していた、ロンドン・メトロポリタン大学の女性図書館(Women's Library)が、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)へ場を移し、存続することになりました。1926年に女性サービスのためのロンドン協会(London Society for Women’s Service)の図書館として開設された女性図書館は、女性史等に関する資料を多数所蔵する図書館として知られています。LSEは今後、女性図書館の資料の更なる充実化と資料のデジタル化公開等に取り組むとし、2013年に同館を一般に公開するとしています。

The Women's Library @ LSE
http://www2.lse.ac.uk/library/news/Womens-Library.aspx

The Women's Library
http://www.londonmet.ac.uk/thewomenslibrary/

LSE to be new home for the Women's Library (London Metropolitan University)
http://www.londonmet.ac.uk/news/news-releases/2012-press-releases/new-home-for-the-womens-library.cfm

From the suffragettes to Bridget Jones - Europe′s most extensive collection of women's history comes to LSE (London School of Economics and Political Science)
http://www2.lse.ac.uk/newsAndMedia/news/archives/2012/09/WomensLibrary.aspx

Women's Library moves across town to the LSE (Times Higher Education 2012/9/28付けの記事)
http://www.timeshighereducation.co.uk/story.asp?sectioncode=26&storycode=421332&c=1

London School of Economics announced as new home of the Women's Library (2012/9/28付けの記事)
http://www.culture24.org.uk/history%20%26%20heritage/literature%20%26%20music/art402968