人文系若手研究者に図書館等のソーシャルメディア実践の知識を提供する“Social Media Knowledge Exchange”

英国芸術・人文研究協議会(AHRC)の助成を受け、ケンブリッジ大学やユニバーシティ・カレッジ・ロンドン等が進めているプロジェクト“Social Media Knowledge Exchange”のウェブサイトが公開されました。

これは、人文・芸術系の大学院生や若手研究者に対して、アカデミズムや図書館や博物館等のソーシャルメディア担当者から、その実践に関する知識を提供するというプロジェクトです。カンファレンス等を通じて、院生や若手研究者に、人的ネットワークや研究者としての評価を築くためのスキル習得を支援し、専門分野や所属研究機関の外部で、そしてアカデミズムを超えて様々な機関で、ソーシャルメディアの実践について学ぶ機会を提供する目的で実施されています。現在、文書館や図書館、歴史研究者が個人あるいは組織レベルで開設しているブログの利用状況を調査し、歴史研究者と文書館等の間でその活用と有効性についての情報交換を行うプロジェクト等が実施されています。

Social Media Knowledge Exchange
http://www.smke.org/

CRASSH News & Press
http://www.crassh.cam.ac.uk/page/1138/news--press.htm

New AHRC grant for Social Media Knowledge Exchange to run from March 2012 to October 2013 (Centre for Research in the Arts, Social Sciences and Humanities)
http://www.crassh.cam.ac.uk/page/1094/smke.htm