カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

高エネルギー物理学分野のオープンアクセスプロジェクト“SCOAP3”、参加ジャーナルの論文投稿料(APC)を公表

2012年9月20日、欧州原子力研究開発機構(CERN)などによるオープンアクセスプロジェクト“SCOAP3”が、入札の結果オープンアクセス誌として刊行されることが決まったジャーナルの論文投稿料(Article Processing Charge:APC)を発表しました。これらのAPCは論文の著者が支払うのではなく、各国からの負担をもとにSCOAP3が支出することになります。

SCOAP3 Article Processing Charges announced(SCOAP3 2012/9/20付けニュース)
http://scoap3.org/news/news95.html

参考:
高エネルギー物理学分野のオープンアクセスプロジェクト“SCOAP3”の入札が終了、参加ジャーナル12タイトルが決定
http://current.ndl.go.jp/node/21394

高エネルギー物理学分野のオープンアクセスプロジェクト“SCOAP3”が出版社向け入札説明会を実施
http://current.ndl.go.jp/node/21013

高エネルギー物理学分野のオープンアクセスプロジェクト“SCOAP3”が大きな前進、2012年内に出版社との入札へ
http://current.ndl.go.jp/node/20007