予算削減のため1週間閉館したシアトル公共図書館に代わり、「人民の図書館」がサービスを提供

2012年8月27日から9月2日までシアトル公共図書館は、予算削減の影響を受け1週間閉館していましたが、この間の資料の貸出や児童サービス、インターネットアクセスを提供すべく、オキュパイ運動の中で生まれた「人民の図書館」(People's Library)が一時的に誕生し活動を行ったようです。

「人民の図書館」は、シアトル公共図書館のDouglass-Truth分館の前に設置され、寄贈を受けた1,000冊以上の図書貸出サービスを実施したほか、食料やコーヒー、ラップトップなども協力により提供されたとのことです。

The Peoples' Library of Seattle (Seattle Times 2012/8/28付けの記事)
http://seattletimes.com/html/photogalleries/localnews2019012173/1.html

'People's Library' fills the void during Seattle public library closures (The Columbia Daily Tribune 2012/9/2付けの記事)
http://www.columbiatribune.com/news/2012/sep/02/peoples-library-fills-the-void-during-seattle/

Group setting up 'People's Library' during Seattle Public Library closure (Ross and Burbank 2012/8/22付けの記事)
http://mynorthwest.com/75/725791/Group-setting-up-Peoples-Library-during-Seattle-Public-Library-closure

Seattle People's Library
http://duetobudgetcuts.wordpress.com/

参考:
E1243 - 格差社会に抗議するオキュパイ運動の中の「図書館」
http://current.ndl.go.jp/e1243