OCLC Research、Europeanaのメタデータの質的向上プロジェクトに協力

2012年8月20日、OCLCの研究部門OCLC Researchと、欧州の図書館・博物館・文書館のデジタルアーカイブEuropeanaが、Europeanaのメタデータの質的向上を図る協力プロジェクトを実施していると発表しました。

現在Europeanaには29か国2,200機関からの2,400万点以上のコンテンツが登載されていますが、コンテンツの重複や多義性などの質的な問題が生じているそうです。そこで、OCLC Researchが、WorldCatのメタデータ管理で培ったノウハウを生かしてこの問題に取り組みます。具体的には、Europeanaに含まれる、同一作品の各国語による翻訳、絵画とそれを撮影した写真、版違いの図書、同じアーカイブに含まれる手紙コレクション、といった関連性のあるコンテンツ間で機械的にリンクをはるということのようです。

このプロジェクトの実施期間は2012年5月から9月までで、その成果はEuropeana Data Modelにも反映されるとされています。

OCLC Research and Europeana Collaboration Announcement(OCLC Research 2012/8/20付けニュース)
http://www.oclc.org/research/news/2012/08-20.html

Europeana Innovation Pilots(OCLC Research)
http://www.oclc.org/research/activities/europeana.html

参考:
E1223 - グローバル化が進むWorldCatの品質維持に対するOCLCの取組み
http://current.ndl.go.jp/e1223