中国・北京で広がる24時間自動貸出機

中国・北京の公共図書館で24時間稼働の自動貸出機の導入が広がっていると報じられています。2011年からこれまでに50台程度が設置され、今後数か月で100台に増加する見込みとされています。また、朝陽区の公共図書館では、貸出の31.6%がこの機械によるものだということです。利用者からは便利だと評価される一方で、本の品揃えに対する不満の声もあるようです。なお、中国で初めてこういった自動貸出機を導入したのは深圳で、現在では160台以上が稼働、2012年中にさらに40台以上が追加される予定だそうです。

A new chapter for Beijing's libraries(chinadaily.com.cn 2012/7/17付け記事)
http://www.chinadaily.com.cn/cndy/2012-07/17/content_15588013.htm

参考:
地下鉄ホームの自動貸出機設置から1年 その成果は?(スペイン)
http://current.ndl.go.jp/node/21483

サンフランシスコの鉄道の駅に図書の自動貸出機が設置される(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/18169

スペイン・マドリードの地下鉄のホームに図書の自動貸出機が設置される
http://current.ndl.go.jp/node/18801

トロント公共図書館、ユニオン駅に自動貸出機の設置を検討
http://current.ndl.go.jp/node/16653