英国図書館と英JISC、「Y世代」の研究行動調査報告“Researchers of Tomorrow”を公開

2012年6月28日に、英国図書館(BL)とJISCが、1982年から1994年の間に生まれた「Y世代」(Generation Y)の博士課程の学生17,000人の研究行動を調査し、その結果をまとめたレポート“Researchers of Tomorrow”を公開しました。

この調査は2009年に両機関共同で始められたもので、今回公開されたレポートがその3年目の報告にあたります。調査結果では、博士課程の学生はオープンアクセスに対する理解が乏しく、研究成果をオープン化することに対してポジティブな印象をもっていないこと、研究分野を問わず博士課程の学生は、一次資料(文書資料や大規模なデータセット等)から、二次的な研究リソース(雑誌論文、図書等)への依存度を高めていること等が明らかとなったとしています。

Researchers of Tomorrow (JISCでのレポート公開ページ)
http://www.jisc.ac.uk/publications/reports/2012/researchers-of-tomorrow.aspx

The results are in: major study into the behavioural habits of the “Generation Y” PhD students released by JISC and the British Library (JISC 2012/6/28付けの記事)
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2012/06/generationy.aspx

The results are in: major study into the behavioural habits of the “Generation Y” PhD students released by JISC and the British Library (British LIbrary 2012/6/28付けの記事)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/The-results-are-in-major-study-into-the-behavioural-habits-of-the-Generation-Y-PhD-students-released-by-JISC-and-the-British-Library-5ad.aspx

参考:
E994 - 「Y世代」の研究行動調査の中間報告(英国)
http://current.ndl.go.jp/e994

E1190 - 「Y世代」の研究行動調査 2年目の年次報告(英国)
http://current.ndl.go.jp/e1190