東亜図書館協会(CEAL)が日本語のALA-LC翻字表の修正改訂案に関するレポートを公表

2012年3月に米国議会図書館(LC)によって発表された“Proposed Revision of the ALA-LC Japanese Romanization Table”に関して、東亜図書館協会(CEAL)が、同協会のCTP/CJM合同タスクフォースの見解等をまとめたレポート(2012年6月13日付け)を公表しました。このレポートはALA-LC翻字表の日本語部分の改訂に関するもので、現時点ではCEAL全体の合意は取っていないとされています。

2011年12月にLCから改訂案が示され、対して2012年1月にCEALから回答書を提出、その後3月にLCから修正改訂案が提示されて6月13日を期限に意見が求められていた、というのがこれまでの経緯です。

CTP/CJM Joint Task Force’s Response to LC's “Proposed Revision of the ALA-LC Japanese Romanization Table”(PDF:55ページ)
http://www.eastasianlib.org/ctp/sub_JapaneseRomanization/JRTRevProposalTFResponseJune132012.pdf

Implementation of Apostrophes in Japanese Romanized Cataloging and Proposed Revision of the ALA-LC Japanese Romanization Table(LC)
http://www.loc.gov/catdir/cpso/roman_japanesediacritics_Mar2012.html

Response to LC's Japanese Romanization Revision Proposal(CEAL News 2012/6/15付け記事)
http://cealnews.blogspot.jp/2012/06/response-to-lcs-japanese-romanization.html

参考:
東亜図書館協会(CEAL)が日本語のALA-LC翻字表の改訂案に対する回答書を公表
http://current.ndl.go.jp/node/20031