米国情報標準化機構(NISO)、自動貸出機-図書館システム間の通信プロトコル“SIP”の国家規格化へ

米国情報標準化機構(NISO)が、自動貸出機と図書館システム間の通信プロトコル“Standard Interchange Protocol”(SIP)の国家規格化に向けて動き始めました。作業を行うワーキンググループを設置しています。SIPは、米国の3M Library Systems社が1993年に開発し、現在では国際的なデファクトスタンダードとなっているプロトコルで、2011年にはバージョン3.0がリリースされました。

同じくNISOが策定している“NISO's Circulation Interchange Protocol”(NCIP)はSIPと類似したプロトコルであり、これらの違いを明確にすることがワーキンググループの課題となるだろうとされています。

Standard Interchange Protocol (SIP)
http://www.niso.org/workrooms/sip

3M Donates Standard Interchange Protocol (SIP) to National Standards Organization (NISO)(3M 2012/6/7付けプレスリリース)
http://news.3m.com/press-release/company/3m-donates-standard-interchange-protocol-sip-national-standards-organization-n

NISO Begins Process of National Standardization of the 3M Standard Interchange Protocol (SIP)(NISO 2012/6/7付けプレスリリース)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=efa76618177cc6a727dd04589231ebb03c794091