カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国ジョージア州立大学の電子リザーブにおける著作権問題について、連邦判事の意見公表される

米国ジョージア州立大学が電子リザーブにおけるデジタル授業教材の提供により著作権を侵害しているとして訴えられた裁判について、連邦裁判所Orinda Evans判事が意見(opinion)を公表しています。また、その内容を要約・考察する記事が、ARL(米国研究図書館協会)やInside Higher EDから公表されています。
判事の意見では、電子リザーブにおけるフェアユースの原則の適用について詳細な分析がなされているようです。

Ref.
Orinda Evans連邦裁判所判事による判決理由(350p)
http://www.tc.umn.edu/~nasims/GSU-opinion.pdf

Some Leeway, Some Limits(2012/5/14付記事)
http://www.insidehighered.com/news/2012/05/14/court-rejects-many-publishers-arguments-e-reserves#ixzz1uqrWxNfs

ISSUE BRIEF GSU Fair Use Decision Recap and Implications(ARL 2012/5/12付イシューブリーフ)
http://www.arl.org/bm~doc/gsu_issuebrief_15may12.pdf

参考;
ジョージア州立大学のE-Reserves、著作権侵害で訴えられる(2008/4/30)
http://current.ndl.go.jp/node/7745

E341 - 電子リザーブの著作権問題(米国)(2005/06/15)
http://current.ndl.go.jp/e341