ProQuest、研究図書館を利用できない個人をターゲットとしたクラウドサービス“Udini”をリリース

2012年5月7日、ProQuest社が、研究図書館を利用できない個人をターゲットとして、査読雑誌論文や新聞記事などの学術コンテンツや、関連ツールを提供するクラウドサービス“Udini”を発表しました。現在、Springer、Nature Publishing Group、the Economist、The New York Timesなどの3,800社と提携し、合計1億5千万件のフルテキストを収録しています。また、PDFファイルをアップロードしたりウェブページを保存して管理するツールや、文献にメモ書きしたりマーカーを引いたりする機能も提供しています。Udiniの料金プランは、月額料金は無料で文献単位の課金である“Pay as you go”、2週間で30ドルの“Project Pass”、1か月で30ドル(最低利用期間は2か月以上)の“Subscription”の3種類が用意されています。

Udini
http://udini.proquest.com/

Udini - Plans
http://udini.proquest.com/plans/

Udini - Tools
http://udini.proquest.com/organize/

Udini - Publications
http://udini.proquest.com/publications/

Udini™ by ProQuest Innovates with On-Demand Premium Information Service for Individual Researchers(ProQuest 2012/5/7付けプレスリリース)
http://www.proquest.asia/ja-JP/aboutus/pressroom/12/20120507.shtml