学術雑誌の費用対効果に関するデータベース“Journal Cost-Effectiveness”の2011年版が公開

学術雑誌の掲載論文1本当たりの単価(Price per article)や引用数1件当たりの単価(Price per citation)などを調べることができるデータベース“Journal Cost-Effectiveness”の2011年版(第6版)が公開されています。カリフォルニア大学の経済学教授であるTed Bergstrom氏(Eigenfactor.orgの開発者のひとりでもある)と、Yahoo! Researchに勤めるPreston McAfee氏が開発しているものです。2011年版及び旧版(2004年、2006年、2008年、2009年、2010年)のデータを収録したExcelファイルが公開されており、それによると2011年は9,456タイトルの雑誌が対象になっているようです。

Journal Cost-Effectiveness 2011
http://www.journalprices.com/

Journal Cost-Effectiveness(項目やデータソースなどに関する解説)
http://www.mcafee.cc/Journal/explanation2011.html

Summary Statistics(PDF:2ページ)
http://www.mcafee.cc/Journal/Summary.pdf

過去データを収録したファイル(Excel)
http://www.mcafee.cc/Journal/SummaryData.xls

Ted Bergstrom's Journal Pricing Page
http://www.econ.ucsb.edu/~tedb/Journals/jpricing.html

Journal Cost-Effectiveness Search Engine(Reference Notes 2012/5/1付け記事)
http://ref-notes.blogspot.jp/2012/05/journal-cost-effectiveness-search.html

参考:
E889 - 研究評価を意識した新しい学術雑誌評価指標の模索
http://current.ndl.go.jp/e889

Thomson Reuter社、学術誌評価分析データベース“JCR”に新指標を導入
http://current.ndl.go.jp/node/11579

学術雑誌の費用対効果DB
http://current.ndl.go.jp/node/3105