カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

「図書館がなくなったらどこに行く?」 小さな図書館の大きな挑戦(記事紹介)

2012年3月20日のHuffington Postの記事“WATCH: Library In Crisis Gets Creative”が、米国マサチューセッツ州シューツベリーにある公共図書館M.N. Spear Memorial Libraryの挑戦について紹介しています。築100年を超すこの図書館は、水道設備もなく、5~6人で一杯になるような閲覧室で、勉強スペースやイベントを開催するようなスペースもない小さな図書館のようです。このため、マサチューセッツ州は新館建設に係る費用210万ドルを提供するとしましたが、そのためには、図書館自身が2012年6月30日までに140万ドルの寄付金を募ることをその条件としたようです。この条件をクリアするために同館は、“Where would you be without your library?”と題した動画を作成し、寄付金を募っているようです。動画は、「新たな人と出会える」「地域の歴史を学べる」等、図書館の意義をキーワードで紹介したものとなっており、動画公開から3週間で20万ドル以上が寄付サイトで集まっているようです。

Where would you be without your library? (YouTubeでの動画公開ページ)
http://www.youtube.com/watch?v=tUQ1vdJQWn0

WATCH: Library In Crisis Gets Creative (Huffingtonpost 2012/3/20付けの記事)
http://www.huffingtonpost.com/2012/03/20/library-crisis-creative_n_1367121.html

Where would we be without our public libraries? (Public Libraries.com 2012/3/20付けの記事)
http://www.publiclibraries.com/blog/where-would-we-be-without-our-public-libraries/

M.N. Spear Memorial Libraryのウェブサイト
http://www.mnspear.org/