カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

2012年4月、株式会社出版デジタル機構が設立

2012年3月12日、電子書籍ビジネスの公共的インフラの整備によってマーケットの拡大を目指す株式会社出版デジタル機構が4月に設立されると発表されました。これは、勁草書房、講談社、光文社、集英社、小学館、新潮社、筑摩書房、版元ドットコム、文藝春秋、平凡社、有斐閣の参加によって3月9日に開催された発起人会で決定したものだそうです。出版デジタル機構の代表取締役社長には東京電機大学出版局局長の植村八潮氏が就任するとのことです。同機構への賛同出版社は、3月12日時点で230社とされています。

出版デジタル機構、発起人会を開催いたしました。(出版デジタル機構 2012/3/12付け情報)
http://www.shuppan-d.info/2012/03/001193.html

賛同出版社、230社になりました(出版デジタル機構 2012/3/12付け情報)
http://www.shuppan-d.info/2012/03/001211.html

電子書籍ビジネスに、意外な異業種企業が進出(IBTimes 2012/3/12付け記事)
http://jp.ibtimes.com/articles/27769/20120312/1331517600.htm

電子書籍新会社を4月設立 180の出版社が賛同(47NEWS 2012/2/28付けニュース)
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012022801001496.html

参考:
出版社20社による「出版デジタル機構(仮称)」設立準備連絡会が設立
http://current.ndl.go.jp/node/19106