英国情報システム合同委員会(JISC)が2012年8月から保証有限責任会社に

2012年2月29日、英国情報システム合同委員会(JISC)が、組織改革を行い、8月1日から保証有限責任会社(company limited by guarantee)になると発表しました。この組織改革は、英国の厳しい財政事情を受け、英国高等教育助成会議(HEFCE)の委任によってJISCが2011年2月に公表した提言に拠るものとされています。新会社は、当初は持ち株会社として設立され、その後徐々に現在JISCが行っている業務を移行して予定とのことです。新JISCが焦点を当てる領域として、ネットワークやクラウドサービス等の「インフラサービス」、データホスティングやデータ管理等の「データ及びコンテンツサービス」、教育・研究支援や機関経営を中心とする「ソリューションサービス」の3つが挙げられています。

JISC announces new structure to reshape for the future(JISC 2012/2/29付けプレスリリース)
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2012/02/jiscreshapes.aspx

JISC's transition to 2012
http://www.jisc.ac.uk/aboutus/hefcereview.aspx

Transforming/Reshaping JISC - JISC Transition Group(Word文書:2012年2月付け)
http://www.jisc.ac.uk/media/documents/aboutus/annualreview/reshaping-jisc-report.docx

HEFCE welcomes JISC review findings(HEFCE 2011/2/8付けニュース)
http://www.hefce.ac.uk/news/hefce/2011/jisc.htm

Review of the Joint Information Systems Committee: Report to HEFCE by the JISC Review Group(PDF:2011年2月付け)
http://www.hefce.ac.uk/pubs/hefce/2011/11_04/11_04.pdf