カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国議会図書館、RDAの導入時期を2013年3月31日と発表

米国議会図書館(LC)は、2012年2月27日付けで、新たな目録規則であるRDA (Resource Description and Access)の同館での導入時期を、2013年3月31日に設定したと発表しています。あわせて、同日までに準備を整えるためのLC内部の研修プログラムの概要が発表されています。また、米国国立農学図書館、米国国立医学図書館、英国図書館(BL)、カナダ国立図書館・文書館、ドイツ国立図書館、オーストラリア国立図書館でも、2013年の1月から3月の間での導入が検討されているとのことです。

Library of Congress Announces Its Long-Range RDA Training Plan(LC 2012/2/27付けの発表)
http://www.loc.gov/catdir/cpso/news_rda_implementation_date_120227.html

Library of Congress Long-Range RDA Training Plan for 2012 and Beyond(研修プログラム)
http://www.loc.gov/aba/rda/pdf/RDA_Long-Range_Training_Plan.pdf

参考:
E1191 - 米国議会図書館(LC)等によるRDAテストの結果が公表される
http://current.ndl.go.jp/e1191

E1246 - 米国議会図書館,書誌フレームワークの変革への方針を発表
http://current.ndl.go.jp/e1246