米Amazonの有料会員向け電子書籍貸出サービス“Kindle Owner's Lending Library”のタイトル数が10万点を突破

2012年2月29日、米Amazon.comのプライムサービス(有料)会員向けの電子書籍貸出サービス“Kindle Owner's Lending Library”で利用可能なタイトル数が10万点を突破したと発表されました。同サービスは、2011年11月に約5000点でスタートしたものです。発表文では、2012年2月のKindle用電子書籍売上ベスト20のうち1/3のタイトルが貸し出し対象になっていることのほか、同社の“KDP Select”プログラムの状況についても触れられており、これに参加した著者らには貸出の対価として総計で180万ドルが支払われた等とされています。なお、KDP Selectは、同社の自費出版サービス“Kindle Direct Publishing”によって電子書籍を出版した著者が、Kindle Owner's Lending Libraryを通じた貸出を許可することで、貸出回数に応じた対価を受け取るというものです。

Kindle Owners’ Lending Library Now Offers Readers Over 100,000 Books to Borrow For Free – As Frequently As Once a Month, With No Due Dates(Amazon.com 2012/2/29付けプレスリリース)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1667284&highlight=

Kindle Owner's Lending Libraryで貸出可能な電子書籍の一覧(Amazon.com)
http://www.amazon.com/gp/search/ref=sr_nr_p_n_feature_browse-b_mrr_2?rh=n:283155,p_85:2470955011,p_n_feature_browse-bin:618073011&bbn=283155&tag=kwab-20&ie=UTF8

Kindle Direct PublishingとLending LibraryのためにAmazonが$6Mの基金を用意(TechCrunch 2011/12/10付け記事)
http://jp.techcrunch.com/archives/20111208amazon-establishes-6-million-fund-to-boost-kindle-direct-publishing/

参考:
米Amazonの有料会員向け電子書籍貸出サービス“Kindle Owner's Lending Library”の対象タイトルが約7万点に
http://current.ndl.go.jp/node/19860

Amazon社、同社の有料会員向けに電子書籍の貸出サービスを開始(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/19446

米国の大手出版社Penguinグループ、図書館への電子書籍提供を見直し
http://current.ndl.go.jp/node/19574

米Penguinグループ、OverDrive社との契約を打ち切り、電子書籍・オーディオブックの提供を終了
http://current.ndl.go.jp/node/20157