カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

フィールズ賞数学者が開始したElsevier社の雑誌価格等に抗議するボイコット活動

1998年にフィールズ賞を受賞した英ケンブリッジ大学の数学者ガワーズ(Timothy Gowers)氏が、学術出版大手であるElsevier社に対するボイコット活動を開始したようです。彼は、自身のブログでボイコットを呼びかけ、ウェブサイト“The Cost of Knowledge”を開設して、同社の高額な雑誌価格、図書館への電子ジャーナルのバンドル販売、米国の法案SOPA・PIPA・Research Works Actへの賛同という3点に対する抗議の意を示しています。同サイトでは、同社での出版や査読等を控えるという意思を表明する世界中の科学者(2012/2/1時点で約2,500人)の名前が列挙されています。Library Journal誌には、Elsevier社副社長による「社としては議論を歓迎するが、彼らは事実を誤解している。我々はコンテンツに対するアクセスを拡大させている」「アクセスに必要なコストはコンテンツ単位では低下している」等のコメントが掲載されています。

The Cost of Knowledge
http://thecostofknowledge.com/

Elsevier — my part in its downfall(Gowers氏のブログ 2012/1/21付け記事)
http://gowers.wordpress.com/2012/01/21/elsevier-my-part-in-its-downfall/

Elsevier Publishing Boycott Gathers Steam Among Academics(Wired Campus 2012/1/30付け記事)
http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/elsevier-publishing-boycott-gathers-steam-among-academics/35216

Petition Targeting Elsevier's Business Practices Begins to Snowball (Library Journal 2012/1/31付け記事)
http://lj.libraryjournal.com/2012/01/publishing/petition-targeting-elseviers-business-practices-begins-to-snowball/

Fields Medalists / Nevanlinna Price Winner
http://www.emis.ams.org/mirror/ICM98/prices/