オライリー・ジャパンのEPUB形式電子書籍の制作システムの概要(記事紹介)

コンピュータ関連書籍の出版社であるオライリー・ジャパンが、2012年1月に株式会社トップスタジオと共同で開始したEPUB形式の電子書籍制作・販売について、その制作システムの概要を紹介しています。このシステムでは、可能なかぎり自動化して手作業を減らすことや、将来的な保守・改良ができることを意識して、様々なフリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアを組み合わせて開発されたシステムになっているようです。また、原稿データの形式としてサポートされている“ReVIEW”と“DocBook”という2種類の形式の比較もなされています。

オライリー・ジャパンのePUBフォーマットを支える制作システム(O'Reilly Japan Community Blog 2012/1/31付け記事)
http://www.oreilly.co.jp/community/blog/2012/01/free-opensouce-softwares-support-orj-epub-titles.html

ePubフォーマットによる電子書籍のラインナップを開始します(O'Reilly Japan Sales Information 2012/1/12付け記事)
http://www.oreilly.co.jp/sales/2012/01/ebook-only-title-coming-up-soon.html

2012年1月より刊行開始のePub フォーマットによる電子書籍出版プロジェクトに参画(株式会社トップスタジオ 2012/1/12付けニュースリリース)
http://www.topstudio.co.jp/press/nR_OPJCT_01.pdf