OCLCが電子リソース管理サービス“WorldShare License Manager”を発表

2012年1月16日、OCLCが電子リソース管理サービス“WorldShare License Manager”を発表しました。同サービスは、リンクリゾルバ機能、電子リソースのライセンス管理機能、雑誌タイトルリスト機能等の基本機能を備えているほか、WorldCat(総合目録)、WorldCat Resource Sharing(ILLシステム)、WorldShare Acquisitions(受入システム)等のOCLCの諸システムとの連携や、導入館全体で電子リソースベンダーの情報やライセンスのテンプレートを共有することが可能で、将来的にはCOUNTER準拠の統計機能等も追加される予定であるとのことです。WorldShare License Managerは、その名が示す通り、2011年12月に発表された“OCLC WorldShare Platform”上のサービスとして位置づけられていますが、単体で導入し、WorldShare Management Services以外の図書館システムと組み合わせて使うことも可能であるとされています。

New OCLC WorldShare License Manager combines knowledge base with linking technology to offer new approach to electronic resource management (OCLC 2012/1/16付けプレスリリース)
http://www.oclc.org/us/en/news/releases/2012/20122.htm

OCLC WorldShare License Manager - Overview(機能一覧)
http://www.oclc.org/us/en/license-manager/overview/default.htm

OCLC WorldShare License Manager
http://www.oclc.org/us/en/license-manager/default.htm

参考:
E1250 - OCLCが新しいブランド“WorldShare”を発表
http://current.ndl.go.jp/e1250

NII、2008年度電子情報資源管理システム(ERMS)実証実験報告書を公表
http://current.ndl.go.jp/node/13289