英国ウェルカム図書館、著作権調査のARROWシステムを活用した近代遺伝学史関係図書のデジタル化プロジェクトを実施

2011年12月14日、英国ウェルカム図書館は、著作権調査作業について作家ライセンス・徴収協会(Authors' Licensing and Collecting Society:ALCS)とPublishers Licensing Society(PLS)と共同で実施し、近代遺伝学史に関する1850年から1990年までの図書約1,700点のデジタル化事業を行なうと発表しています。ACLSとPLSは共に、欧州の主要国立図書館や出版社団体、権利管理団体等で構成されるARROWプロジェクトの参加機関であり、この著作権調査には著作者情報や権利情報に関するデータベースをネットワーク化したARROWシステムが利用されるようです。

ALCS and PLS provide innovative rights identification service for Wellcome Library digitisation project (Wellcome Trust 2011/12/14付けのプレスリリース)
http://www.wellcome.ac.uk/News/Media-office/Press-releases/2011/WTVM053684.htm

ACLS and PLS to provide 'rights identification service' for book digitisation (Wellcome Library 2011/12/14付けの記事)
http://wellcomelibrary.blogspot.com/2011/12/alcs-and-pls-to-provide-rights.html

ARROW will provide identification services for Wellcome Library digitisation project (ARROW 2011/12/19付けの記事)
http://www.arrow-net.eu/news/arrow-will-provide-identification-services-wellcome-library-digitisation-project.html

参考:
E1225 - 大規模デジタル化における著作権処理の効率化に向けて
http://current.ndl.go.jp/e1225

孤児作品等著作物の権利関係の明確化とその情報提供を目指した、欧州の国立図書館等のプロジェクト“ARROW”
http://current.ndl.go.jp/node/17880