米国の大学・研究図書館協会(ACRL)がオープンアクセスに関するベルリン宣言に署名

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)が「自然・人文科学における知識へのオープンアクセスに関するベルリン宣言」(“Berlin Declaration on Open Access to Knowledge in the Sciences and Humanities”)に署名したと発表しています。同宣言は2003年10月に採択され、現在では世界中で300を越える機関が署名しているようです。また、2011年11月9日と10日には米国でオープンアクセスに関する国際会議“Berlin 9”が開催されるそうです。

ACRL Signs Berlin OA Declaration, Encourages Others (ACRL insider 2011/10/7付け記事)
http://www.acrl.ala.org/acrlinsider/archives/4043

Berlin Declaration
http://oa.mpg.de/lang/en-uk/berlin-prozess/berliner-erklarung/

Berlin Declaration Signatories (ベルリン宣言への署名機関一覧)
http://oa.mpg.de/lang/en-uk/berlin-prozess/signatoren/

Berlin 9
http://www.berlin9.org/

参考:
E144 - オープンアクセスをめぐる動き ベルリン宣言採択
http://current.ndl.go.jp/e144