米国国立医学図書館等、印刷媒体の医学系学術雑誌を共同保存するプログラム“MedPrint”を開始

2011年9月29日、米国国立医学図書館(NLM)と医学図書館全米ネットワーク(National Network of Libraries of Medicine)が共同で、印刷媒体の医学系学術雑誌を共同で保存するプログラム“MedPrint”を開始すると発表しました。保存と長期的なアクセスの保証を目的としたこのプログラムには、米国の医学図書館で使われている相互貸借(ILL)メッセージングシステム“DOCLINE”に加わっている米国の図書館であれば参加可能のようです。第一段として保存対象となっているのは約250の雑誌で、MedPrint参加館は1つもしくは複数のタイトルの対象雑誌を今後25年間、2036年まで保存するよう協力が求められているようです。

MedPrint -- Medical Serials Print Preservation Program
http://www.nlm.nih.gov/psd/printretentionmain.html

NLM Launches MedPrint, a National Cooperative Print Retention Program (National Library of Medicine 2011/9/29付けの記事)
http://www.nlm.nih.gov/news/medprint.html