カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

王立盲人擁護協会(RNIB)による英国公共図書館の電子書籍サービス調査レポート

図書館長の会(Society of Chief Librarians)や、英国の王立盲人擁護協会(RNIB)等の共同イニシアティブである英国のReading Sightが、2011年8月26日に“RNIB National Library Service: A survey of ebook services in public libraries”と題する調査レポートを公開しました。レポートをまとめたのはRNIBのようです。調査は、英国の公共図書館における電子書籍サービスの状況と、それらのサービスのアクセシビリティに関するものです。調査の結果、電子書籍サービスを利用できない図書館では、その理由として、サービスの導入及び維持にコストがかかりすぎることを挙げたようです。反対にサービスを導入している図書館の場合では、電子書籍サービスのウェブサイトへのログインが困難なケースがあること、電子書籍の検索が分かりにくいこと、電子書籍を図書館の利用者用端末で利用できない場合があり、利用者は図書館員のサポートを受けられない自宅で利用せざるを得ないこと、電子書籍サービスを初めて利用する場合には図書館員のサポートは重要であること等の問題点が明らかになったようです。以上を踏まえレポートでは、概して電子書籍サービスの利用者は初めのうちは不満を抱えているが、操作に慣れたり図書館員の助けを借りれば、多くの利用者は電子書籍が自身のアクセスできる図書の範囲を広げることになり有用なものであると考えていると結論づけているようです。

RNIB National Library Service: A survey of ebook services in public libraries (DOC)
http://www.readingsight.org.uk/images/documents/ebook_survey_report_MANIL_2011.doc

Ebook services in public libraries (Readeing Sight 2011/8付けの記事)
http://www.readingsight.org.uk/access_to_reading/finding_books/electronic_and_digital/ebooks/ebook_services_in_public_libraries/

Ebook services in public libraries (RNIB 2011/8/26付けの記事)
http://www.rnib.org.uk/livingwithsightloss/readingwriting/rnibnationallibrary/readon/readingnews/Pages/readonsept11_ebooksurvey.aspx