ケニアの政府機関のデータを公開するサイト“opendata.go.ke”

ケニアが政府機関のデータを公開するポータルサイト“opendata.go.ke”を立ち上げました。現在、2009年国勢調査や国家予算などを含む160以上のデータセットが収録されており、これらのデータは商用・非商用を問わず誰でも無料で使えるそうです。このサイトは、米国政府の“DATA.gov”などの開発にも関わっている米シアトルのSocrata社のシステムを利用しており、Socrata Open Data APIを通じてデータを利用できるとのことです。なお、Google Public Policy Blogの記事によると、アフリカの国家で政府機関のデータを制約なしに公開したのはケニアが初だとのことです。

KENYA openData
http://opendata.go.ke/

Kenya Launches Socrata-powered Open Data Site (Socrata 2011/7/8付けプレスリリース)
http://www.socrata.com/newsroom/press-releases/kenya-launches-socrata-powered-open-data-site/

Open Data in Kenya - Setting the Pace for Africa (Google Public Policy Blog 2011/8/5付け記事)
http://googlepublicpolicy.blogspot.com/2011/08/open-data-in-kenya-setting-pace-for.html

参考:
米国政府、政府機関のデータをワンストップで入手できるサイト“DATA.gov”を開設
http://current.ndl.go.jp/node/12896

英国政府、政府機関のデータ公開サイト“data.gov.uk”を設立へ
http://current.ndl.go.jp/node/15075

オーストラリアの政府機関のデータを公開するサイト“data.gov.au”
http://current.ndl.go.jp/node/17824