英国国立公文書館(TNA)、地方の公文書館とともにウェブアーカイブ対象を地方自治体のウェブサイトにまで拡大へ

2011年7月25日に、英国国立公文書館(TNA)は、地方自治体・行政機関のウェブサイトのアーカイブを進めるためのパイロットプログラムを開始したと発表しています。TNAはInternet Memory Foundation(IMF)とともに、中央政府のウェブサイトのアーカイブを進めていますが、これでは地方自治体・行政機関のウェブサイトをカバーしきれないため、今回の発表に至ったようです。プログラムでは、国内の公文書館7館とともに、20以上の地方政府をカバーしたウェブアーカイブに取り組むようで、パイロット期間中、地方の公文書館職員はウェブアーカイブの研修を受けたり、TNAやIMFから無料のサポートを受けることになるようです。

The National Archives brings web archiving to local authorities (The National Archives 2011/7/25付けの記事)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/599.htm

参考:
CA1733 - 動向レビュー:ウェブアーカイブの課題と海外の取組み / 中島美奈
http://current.ndl.go.jp/ca1733

英国政府系サイトのウェブアーカイブポータルが10億アクセスを突破
http://current.ndl.go.jp/node/18691