W3Cの“Library Linked Data Incubator Group”がドラフト版報告書へのパブリックコメントを募集開始

2011年7月1日、World Wide Web Consortium(W3C)の“Library Linked Data Incubator Group”が執筆した報告書のドラフト版へのパブリックコメントを募集開始しました。現在、“Final Report”、“Use Case Report”、“Vocabulary and Dataset”の3本の報告書が公開されています。同グループはウェブに散らばる図書館データの相互運用性をセマンティックウェブやLinked Dataなどの技術によって向上させることを目的としたもので、国立情報学研究所(NII)、OCLC、米国議会図書館(LC)、ドイツ国立図書館(DNB)といった機関の研究者・職員が参加しているようです。

Final Report
http://www.w3.org/2005/Incubator/lld/wiki/DraftReportWithTransclusion

Use Cases
http://www.w3.org/2005/Incubator/lld/wiki/UseCaseReport

Vocabulary and Dataset
http://www.w3.org/2005/Incubator/lld/wiki/Vocabulary_and_Dataset

W3C Library Linked Data Incubator Group draft report - Call for Public Comment (2011/7/1付けニュース)
http://www.w3.org/2005/Incubator/lld/wiki/Comment_Call_Mail

Participants in the Library Linked Data Incubator Group (参加者一覧)
http://www.w3.org/2000/09/dbwg/details?group=44833&public=1

W3C Library Linked Data Incubator Group
http://www.w3.org/2005/Incubator/lld/

参考:
W3Cに図書館データの相互運用性向上をミッションとする新たなグループ
http://current.ndl.go.jp/node/16271