デジタルリソースを長期間維持し続けていくための資金援助のあり方とは

2011年6月14日に、PorticoやJSTORを運営する非営利団体ITHAKAの調査研究部門ITHAKA S+Rが、英国情報システム合同委員会(JISC)の主導するStartegic Content Allianceの支援を受けて作成した、“Funding for Sustainability: How Funders' Practices Influence the Future of Digital Resources”と題するレポートを公開しました。このレポートでは、デジタルリソースに対する資金提供者とその資金の受領者に対して、資金提供の現状を解説するとともに、資金提供期間後の維持管理(sustainability)にあたっての改善点を指摘しているようです。欧州および北米の25以上の資金提供団体代表とのインタビュー調査の結果に基づき、レポートでは、資金提供者が事業の計画段階において様々な局面に関わっているものの、それは資金提供期間のごく初期に止まっており、長期間の維持管理に関しては資金を受ける機関に任せきりになっていること等を指摘しているようです。

Funding for Sustainability: How Funders' Practices Influence the Future of Digital Resources (PDF)
http://www.ithaka.org/ithaka-s-r/research/funding-for-sustainability/FundingForSustainability.pdf

A new Strategic Content Alliance/Ithaka S+R report examines funding practices to provide insight on post-grant sustainability for digital resources (ITHAKA 2011/6/14付けの記事)
http://www.ithaka.org/about-ithaka/announcements/looking-for-long-term-impact

New report: Funding for Sustainability: How Funders’ Practices Influence the Future of Digital Resources (JISC Strategic Content Alliance blog 2011/6/14付けの記事)
http://sca.jiscinvolve.org/wp/2011/06/14/ithaka-funding-report/