米国国立公文書館(NARA)の「ウィキペディアン・イン・レジデンス」

米国国立公文書館(NARA)が、同館初の「ウィキペディアン・イン・レジデンス」(Wikipedian in Residence)として、ボストンの大学院生が選ばれたと発表しています。NARAとWikipedianコミュニティとの連携役としての役割が期待されているとのことです。「ウィキペディアン・イン・レジデンス」は、ある機関に関するWikipediaの記述を促進するために、その機関のインターン等として活動するもので、これまでに大英博物館やスミソニアン協会等での例があるようです。

National Archives announces First "Wikipedian in Residence"(NARA 2011/6/1付けのプレスリリース)
http://www.archives.gov/press/press-releases/2011/nr11-130.html

Meet Our Wikipedian in Residence: Dominic McDevitt-Parks(NARAのブログNARAtion 2011/6/1付けの記事)
http://blogs.archives.gov/online-public-access/?p=5054

National Archives’ First Wikipedian in Residence: This article is a stub.(NARAtion 2011/4/27付けの記事)
http://blogs.archives.gov/online-public-access/?p=5011