米Innovative Interfaces社、新しい図書館システム“Sierra Services Platform”を発表

2011年4月26日、米国の図書館システムベンダInnovative Interfaces社が“Sierra Services Platform”という新しい図書館システムの概要について発表しました。Sierraは2011年後半に最初のリリースが予定されており、その特徴として、 PostgreSQLやApache Lucene等のオープンソースソフトウェアの活用、APIの提供、電子リソースのサポート、図書館の開発したカスタムアプリケーションを導入館で共有可能、クラウド版・ローカル動作版を選択可能、同社の図書館システムMillenniumの機能を100%引き継ぐ、等が挙げられています。なお、ALA TechSource誌にブリーディング(Marshall Breeding)氏による解説が掲載されています。

Innovative Announces Sierra Services Platform Development (Innovative Interfaces 2011/4/26付けプレスリリース)
http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=490

Innovative Interfaces to Launch Sierra: A New-Generation Automation Platform (ALA TechSource 2011/4/26付け記事)
http://www.alatechsource.org/blog/2011/04/innovative-interfaces-to-launch-sierra-a-new-generation-automation-platform.html

参考:
図書館システムの競争が激化?:2010~2011年の市場動向(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/17955

OCLCのウェブスケールの図書館管理システムが本格運用に向けて前進
http://current.ndl.go.jp/node/16431

CA1721 - 動向レビュー:OCLCの最近の動向:OCLCのウェブ戦略とその展開 / 中元 誠
http://current.ndl.go.jp/ca1721